· 

 私にとっての病の敵

 

がんのような病を背負えば

 

自分と向き合うことになるだろう。

 

 

 

食生活を見直す人。

 

仕事を見直す人。

 

人付き合いを見直す人。

 

自分の弱さを克服するとか、

 

あまりくよくよしないとか。

 

 

 

私が改善したことの一つ。

 

「人の期待」を背負わないこと。

 

 

 

元気な頃の習性で、

 

何かと人の期待に応えようとしがち。

 

でもがんと向き合いながら

 

人の期待に応えるのは

 

並大抵のことではない。

 

 

 

人はいつのまにか期待をし、

 

叶わなければがっかりする。

 

期待はともすれば大きな負担。

 

 

 

がんを背負ってからは

 

過剰に人の期待を背負わないよう、

 

私なりの工夫をしてきた。

 

 

 

そして人にも期待をしないこと。

 

負担をかけさせないように…

 

 

 

期待で寄りかからないために必要なのが

 

適度な距離。

 

 

 

がんと共に生きるのだから、

 

少しでもストレスを無くして、

 

のびのびと

 

楽しく、心地よく生きたい。