· 

 働く

 

がん患者さんだって

 

治療が落ち着けば働きたい。

 

仕事に対する不安を抱えた患者さんは

 

たくさんいらしゃる。

 

 

 

これだけがん治療の研究が進み、

 

治療の選択肢が広がり、

 

働きながら治療を行うことも

 

可能になった。

 

 

 

働き方にもよるだろうが

 

仕事場に病を伝えるか、

 

あるいは伝えないかは

 

悩みどころだ。

 

 

 

会社勤めの方で

 

治療と並行での勤務であれば

 

伝えざるを得ない。

 

業務によっては

 

部署変更も必要になるかも。

 

 

 

治療がひと段落してから

 

業務に差し支えなければ

 

わざわざ伝えなくていいかもしれない。

 

 

 

本当に患者さんそれぞれ。

 

正解はない。

 

 

 

がんの告知を受ければ

 

治療に専念することになる。

 

一定期間を治療と向き合うだけに

 

働くためには社会の理解が必要だ。

 

 

 

「働く」ということは

 

収入を得られることに加え、

 

社会の一員として生きがいを得る。

 

 

 

がんになってしまった人の

 

スキルを活かす思考を

 

国や企業がもっと備えてほしい。

 

がんにならなければわからないことが

 

たくさんあるのだから。

 

 

 

二人に一人ががんになる時代、

 

もっと社会の理解が進めばいいと

 

心底思う。