· 

 うれしい誘い

 

がん患者になってから

 

友人関係は大きく変わった。

 

 

 

がん告知から

 

急激な環境の変化に戸惑い、

 

受け止めるのに必死で、

 

気持ちの処理が追い付かず、

 

それまでの知人とはシャットアウト。

 

がん患者の孤独の一つだろう。

 

 

 

そんな中でも

 

がん患者としてのわたしを

 

理解してくれる人が

 

大切な友人になった。

 

 

 

がん患者になってから

 

新たに出会った

 

事情を察してくれる大切な友人から

 

誘いの連絡があった。

 

 

 

頻繁に会えるわけではないが、

 

こんな誘いはうれしいものだ。

 

 

 

春の兆しが少しずつ。

 

再びさくらの季節がやってくる。