· 

 人の言葉

 

がんのような病を背負えば

 

急に新たな出会いが増える。

 

 

 

ドクターや看護師さん等

 

医療関係者の皆さん。

 

がん経験を持つ患者さん。

 

もしかしたら仕事も変わるかも。

 

介護の専門家も関わるかもしれない。

 

 

 

気持ちに余裕が無い中で

 

新たなコミュニケーション力を

 

求められる。

 

 

 

ショックの中、

 

人の言葉が

 

耳に入ってこないのも事実。

 

気持ちに余裕が無ければ

 

素直に聴くことはできないだろう。

 

 

 

私の場合、

 

素直に聴けたのは

 

主治医と

 

患者会等がん経験を持つ人たち。

 

 

 

がんを受け止める上で

 

人の言葉を聴く環境を作ったことは

 

とても大きなことだった。

 

 

 

がん治療というハードな環境下、

 

少し心の余裕ができた時、

 

人の言葉に耳を傾けられれば

 

きっと自分の治療に役立つはず。