· 

 がっかりしない

 

「なるべくがっかりしないように」

 

をがんばっている。

 

 

 

がんの告知を受けた時は、

 

がっかりばかり押し寄せて

 

感情が止まってしまったっけ。

 

 

 

泣くことも、

 

誰かに気持ちをぶつけることも、

 

できなくなった。

 

 

 

泣きたいのか、笑いたいのか、

 

わからなくなった。

 

 

 

あまりにも色々なことがありすぎて、

 

感情が無くなった。

 

気持ちが見えなくなった。

 

どうしていたのか、記憶が無い。

 

 

 

数年が経ち、

 

今がっかりしそうな時は

 

なるべくがっかりしないような

 

工夫ができるようになった。

 

 

 

自分の好きなことや、

 

きれいな景色や花を見たりして、

 

ちっぽけでもいいから

 

その瞬間だけでもいいから

 

心地いいことを見つける。

 

積み重ねる。

 

 

 

がっかりの感情を見ない。

 

心を離す。

 

そうしているうちに

 

がっかりが私から離れていく。

 

 

 

「がっかりしない」なんて

 

本当に難しいことだけど、

 

がっかりで

 

心が埋め尽くされないよう、

 

私なりの

 

「がっかりしない」やり方。