· 

 怖くて当たり前

 

がんの告知を受けたばかりの頃、

 

「自分の病気を勉強しないと!」

 

と思いつつ、

 

恐怖で押しつぶされそうになり、

 

本もネットも調べられなかった。

 

 

 

病院から配られたがガイドブックを

 

開いては閉じ、開いては閉じ…

 

 

 

なにしろ文字が目に入らない。

 

何度も文字が素通りしてしまう。

 

 

 

正しい情報を見極める自信がない。

 

主治医への質問のみに絞った。

 

 

 

冷静に勉強できるようになったのは

 

年月が経ってから。

 

それでも未だに怖い時がある。

 

 

 

今になれば

 

告知当初に怖くて仕方がなかったこと、

 

それは当たり前のことだったと

 

心底思う。

 

 

 

同じがんだとしても

 

患者によって状態は全く違う。

 

知りたいことは患者のがんを最も知る

 

主治医に尋ねるのが一番。

 

 

 

動揺している時に

 

患者本人や周囲の人が

 

勝手に判断をしないのが

 

大切なことだと思う。

 

 

 

がんを受け入れるには時間がかかる。

 

ゆっくりでいい。

 

がんは怖くて当たり前なのだから。