· 

 近すぎず、遠すぎず

 

がん経験を持つ人であれば、

 

経験者と未経験者の間に引かれた線を

 

心のどこかで感じ取ることだろう。

 

 

 

さみしさと、

 

違いと、

 

距離感を突きつけられる。

 

 

 

そんな中でも

 

上手な距離感で接してくれる人がいる。

 

そんな人を焦らず探していけばいい。

 

 

 

受け入れ難い病との毎日、

 

ズカズカ立ち入り、

 

押し付けてくる人では難しい。

 

 

 

心の氷が溶けるには時間を要す。

 

近すぎず、遠すぎず、

 

ほんわかとした距離感こそ

 

最も近しい距離だと思う。