· 

 大事な mono

 

毎日のように使うカバンに

 

穴が開いた。

 

がんになる前から愛用しているカバン。

 

 

 

手頃感が丁度いい。

 

派手でなく、シンプル。

 

傷だらけだが、

 

時々オイルを馴染ませ

 

手をかけてきた。

 

 

 

治療中もずっと使い続けてきた

 

相棒のようなカバンを

 

そうそう捨てられない。

 

修理に出すことにした。

 

 

 

戻ってくるのは数か月後、

 

さくらの季節になるだろうか。

 

春の楽しみがひとつ増えた。