· 

 養いたい患者力

 

自分の患者力はどの程度だろうか。

 

 

 

自分の病はどんな病?

 

どのような治療になるの?

 

入院日数は?

 

 

 

質問しなければいけないこと、

 

理解しなければいけないこと、

 

選択しなければいけないこと、

 

怒涛の如く襲ってくる。

 

 

 

そんな時、患者力が高ければ

 

主治医とのコミュニケーションが

 

うまくいく。

 

周囲にサポートを求められる。

 

 

 

闘病はつらいからこそ

 

少しでも病と快適に向き合える原動力。

 

 

 

自分の体や心は

 

自分にしかわからない。

 

 

 

だから自分の言葉で伝えられるよう

 

患者力を養いたい。