· 

 外の空気

 

一歩踏み出す勇気。

 

体調が許せば、

 

外の空気を吸うこと。

 

 

 

近所の散歩。

 

通院先の患者会。

 

お気に入りのレストラン。

 

 

 

悲しくても、つらくても、

 

一歩外に出る。

 

 

 

外出が難しければ、

 

窓を開けてみる。

 

 

 

ひとりの外出でも

 

誰かと挨拶をするかもしれない。

 

知らない人と会話をするかも。

 

 

 

外の空気を吸うことで

 

どうしようもない悲しみや苦しみを

 

ちょっと忘れられるかも。

 

 

 

誰かがそばに居なくても、

 

ただ外の空気を吸うために

 

ドアを開ければいい。