· 

肩のちから

 

肩のちからを抜くのが下手だ。

 

 

体中りきんでいると、

 

こころも体も疲れるだろう。

 

 

 

がっちがちの体で、

 

がっちがちの心だったら、

 

人にやさしくできるわけがない。

 

自分にやさしくなれるわけがない。

 

 

 

肩のちからを抜いて、

 

こころも体も軽くする。