· 

がんを話す

 

 

息子が高校2年生の時、

 

私にがんが見つかった。

 

 

 

「がんが見つかったから、

 

手術を受けるからね。」

 

と伝えた。

 

 

 

今、息子は大学1年生になり、

 

「将来がんになるかもしれないから」

 

私とがんの話をするようになった。

 

 

 

病気の質問、

 

検診を受けるつもりでいること、

 

彼なりの生活の工夫、

 

母親ががんを患ったこと。

 

 

 

素直な感性。

 

息子に隠さないでよかったと

 

心底思う。

 

 

 

「母さんはがん患者だからなあ!

 

だから色々と

 

気を付けているんだろう?」

 

家で明るく話せるありがたさ。

 

 

 

わたしの生きざまを

 

人生の参考にしてもらえれば。